最新記事

SHANGHAI MOVIE: SKYFALL

ボンドガールになる方法

| カテゴリー: 素敵なスタイル タグ: , , | | ブロガー :  akiko

♠9月のケイト・スペード ニューヨークのテーマの上海を舞台にした映画を探していたら、007で見つかりました。2012年に公開された『SKYFALL』です。映画館で観たのに上海シーンがあったなんて、すっかり忘れていました。ジェームズ・ボンドはいつもいろんな国に飛び回っているので地理に弱い私は覚えるのが大変です。

♠1.上海シーンはたった10分くらいしかないのに、強烈な印象が残った場面です。モディリアーニの絵の横に立つ妖艶なセヴリン(ベレニス・マーロウ)。 ♠♠2.そんなセヴリンをお手本にした、ボンド・ガールになるためのファッションイラスト。ワンピースは SHANGHAI VIRGINIA LACE DRESS、同系色のKEY PIECES BOW BELTを合わせて、足元は真っ赤なハイヒールの SHOES SEPTEMBER LAYLEE。同じ色のリップをつけると気分はボンド・ガールに!ぜひ、試してみてね。♠♠♠3.上海のネオンの巨大くらげ。美しくて迫力のあるシーンです。♠♠♠♠4.Qを演じたベン・ウィショーはギークな風貌がとてもキュート。ボンドのダニエル・クレイグも負けていなくて、熟年男性の渋いセクシーさで対抗。私は、 ピンタレストでボードを作ってしまうほどダニエルが大好きなんですが、このシーンはQとボンドの間を気持ちがゆらゆらしてしまいました。Qは、私の息子に似ているところがあって、母性本能をくすぐられます。ダニエルは似顔絵が難しい顔。ゴルゴみたいになってしまいました。♠♠♠♠♠5.上海はまだ行ったことがありません。上海のシンボル、テレビ塔のデザインが気になったので調べてみたら、白居易の詩の一節をヒントにしたそうです。とてもロマンティックなお話でした。

♠『SKYFALL』では、もう一人のボンド・ガール、イヴを演じたナオミ・ハリスも素敵なファッションで登場。もっともっとボンド・ガールを知りたい場合は、 『007大百科』という本に歴代ボンド・ガールが載っていてボンド・ガール研究にぴったりの本ですよ。秋は、センチメンタルな気分になりがちですので、落ち込みやすい時に元気になれる一冊です。


次回もお楽しみに!